懐かしい写真たち。

ウィーン国立歌劇場。
世界三大オペラ劇場のひとつです。
私の人生が変わった場所です。

18歳の時、突然頂いたチャンス!

地元から離れたことのない私が
バレエが大好きで踊ることが大好きで
ヨーロッパまで飛んでしまいました(笑)

当バレエ団の研修生として1年間
頂いた奨学金付きスカラシップ賞。

奇跡としか言いようがない機会を
日本のとあるバレエコンクールで頂きました。

でも今だから言えることだけど
私なりにたくさん努力したから
ここに繋がったんだと思います。

海外に行きたい!
という気持ちは強く
でもそんな簡単に行けるはずもなく。

それなら勉強もして
バレエも頑張って
奨学金付きのスカラシップ賞を
貰うしか方法はありませんでした。

限られた時間の中で
どうやったらバレエが上手になれるか
スタイルが良くなるか
体が柔らかくなるか
それだけに必死でした。

スカラシップを頂いても
多少はお金がかかる。
留学ぎりぎりまでパン屋さんで
アルバイトをした日々も。
それだけ夢中でした。

でもとっても貴重すぎる
経験を私はウィーンでしました。

この写真は夢のウィーン国立歌劇場で
初めて踊った「ラ・バヤデール」
一流の人たちと同じ舞台に立って
信じられない夢のような
思い出深い写真たちです。


...続く。

0コメント

  • 1000 / 1000